美容にも健康にも、デカフェの魅力

デカフェとは、カフェインを含む飲食物からカフェインを取り除いたものの総称で、近年日本でも注目を集めています。


EUの基準では99.9%以上カフェインを除去した場合に限りデカフェと呼ぶことができますが、日本では厳密な基準はありません。



カフェインレス、ノンカフェインという表現もよく目にします。
すべて同じような意味ととらえている人も多いですが、それぞれ若干の違いがあります。

毎日新聞について詳しく書かれています。

デカフェはもともとカフェインが入っているものからカフェインを取り除いたもの、カフェインレスはもともと少しだけカフェインが含まれているもの、ノンカフェインはもともとカフェインが含まれていないものをさします。

カフェインには、覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用があるとされています。

起床後や眠気を覚ましたいときはもちろん、一息つきたい時や気分転換にコーヒーを飲む人は多いでしょう。
しかし、過敏な方は少しカフェインを摂るだけでも眠れなくなったり、体調が悪くなることもあります。

過敏でなくてもカフェインを摂りすぎると中毒症状が現れ、ひどい場合は頭痛や吐き気、胃痛、不快感、疲労感などを感じることがあります。

妊娠中や授乳中の女性も控えたほうがいいとされています。



また、カフェインにはシミを増やす危険性もあるとされています。

それでもやはりコーヒーが飲みたい、という場合にはデカフェを交えてカフェインの摂取量をコントロールするとよいでしょう。
カフェインを抜く工程で風味や香り、味の成分が抜けてしまうので物足りなく感じられるという方もいらっしゃいますが、カフェインの除去方法によってはしっかり残っているものも多いですし、豆で販売されているものやインスタントのものなど種類も豊富にありますので、自分の好みのものを探すとよいでしょう。